Blog&column
ブログ・コラム

ドラムスティックを買い換えるタイミングについて

query_builder 2023/08/01
コラム
4
ドラムを演奏している方は、スティックを買い換えるタイミングが気になりませんか。
明確な買い換えの時期はないので、すっと同じものを使い続けている方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、ドラムスティックを買い換えるタイミングを紹介します。
ドラムスティックを買い換えるタイミング
■チップが欠ける
スティックの先端部分でるチップが欠けている場合には、買い換えるようにしましょう。
チップは打面なので、少しでも欠けていると音が不安定になります。
「音が変だな」と感じた場合は、チップをチェックしてみましょう。
■ショルダーが削れる
チップとグリップの間をショルダーといいますが、この部分が削れてきたら買い換えのタイミングです。
通常スティックのショルダー部分は、なだらかな傾斜があります。
ところがハイハットを叩いていると、少しずつ傾斜がなくなってくるのです。
買った時よりも細くなってきたと感じる場合は、買い換えましょう。
■ささくれがある
スティックにささくれがあれば、買い換えの時期です。
スティックが少しささくれているだけであれば、音に影響はありません。
しかしささくれていると、打ちどころによってはいきなり折れる場合もあります。
安心して演奏をするためにも、ささくれが見つかったら交換すると良いでしょう。
▼まとめ
ドラムのスティックを買い換えるタイミングは、形状が変わった時です。
例えばチップが欠けたり、ショルダーが削れたりすれば買い換えたほうが良いでしょう。
当教室は2011年に開校したドラム教室で、高知市内の2カ所に教室がございます。
経験豊富な講師がレッスンを行うドラム教室をお探しの方は、高知市の当教室へお越しください。

NEW

  • ドラムを演奏するための体力をつける方法

    query_builder 2024/02/01
  • スネアドラムの素材とは?

    query_builder 2024/01/01
  • ドラムに向いている人とは?

    query_builder 2023/12/01
  • ドラムを演奏するための基本とは?

    query_builder 2023/11/01
  • ドラムは何歳からできる?

    query_builder 2023/10/01

CATEGORY

ARCHIVE