Blog&column
ブログ・コラム

ドラムに向いている人とは?

query_builder 2023/12/01
コラム
8
ドラムを始めようとしたとき、ご自身が向いているかどうか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、どんな人が向いているのかを知りたい方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、ドラムに向いているのはどのような人なのかご紹介します。
ドラムに向いている人とは?
ドラムの音がよく聞こえる人
音楽を聞いているとき、ドラムの音は通常認識されづらいです。
ドラムを習い始めれば、だんだんと聞き取れるようになります。
習う前からドラムの音が聞こえる場合は、適性が高いと言えるでしょう。
■同じことの繰り返しを楽しめる人
ドラムは、同じテンポを繰り返すことが多い楽器です。
曲によっては、最初から最後までテンポが変わらない場合もあります。
そのため、同じことの繰り返しを楽しめる人にピッタリです。
■目立たなくてもいい人
バンドの演奏は、ボーカルやギターに視線が集まります。
ドラムは後方に位置することが多く、ドラムセットに囲まれているため目立ちにくいポジションです。
ソロパートも少ないため、裏方のような役割をしたいという方にも向いています。
▼まとめ
ドラムに向いている人は、ドラムの音がよく聞こえる人・繰り返しを楽しめる人・目立たなくてもいい人などです。
例をあげましたが、もちろん純粋に「ドラムを演奏したい」という方も向いていると言えます。
高知市にある『ドラム音楽教室30Minutes』では、一人ひとりに合ったドラムレッスンを行なっています。
無料レッスンも受け付けていますので、ドラムを始めてみたい方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • ドラムと和太鼓の違いとは?

    query_builder 2024/06/01
  • ドラムの練習場所をご紹介

    query_builder 2024/05/01
  • ドラムが難しそうに見える理由とは?

    query_builder 2024/04/01
  • ドラムを演奏するための体力をつける方法

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE